« 03月20日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 03月27日のココロ日記(BlogPet) »

2010年3月21日 (日)

NOAHファンとの温度差

Twitterでもケロケロさえずったんだけど、ここでも書いておく。
20日の後楽園大会は、明らかにこれまでのNOAHの興行とは味が違った。
完全に今までとは別の人がマッチメイクその他を行ったとしか思えない。
それが丸藤なのか、別の誰かなのかは分からないが。
オイラ的には今日の興行はアリで、すごくスリリングで良かったと思えたのだが、どうやらNOAHファンの大多数はそうではないらしい。

今のNOAHにとってもっとも危機的なのは、今日のような急激な「変化」をファンの大多数が受け入れられないことその物かも知れない。

今日の興行はかなり一貫性があって、第一試合の3ウェイが掴みのコミカルマッチで、以後は第3試合からセミまで健介オフィスとの対抗戦。
クライマックスはセミのタッグマッチで、メインはボーナストラックと言うか、次回予告の位置づけであったわけだ。

だが、大多数のNOAHファンはそれが読み解けないようである。
今までのNOAHはここの試合がそれだけで完結していて、興行に繋がりがなかった。
それこそが「正しいあり様」であって、今回のようなメリハリ・緩急をつけた構成というのは「邪道」だと思われているのか。
でもそれこそファンの「動脈硬化」であって、危機的状況の本質そのもののような気がしてならない。
少し前にも真壁が一部のNOAHファンに対して「二流以下のファン」と評していたが、まさにその通りだと思う。
この部分での新陳代謝がなされない限り、NOAHの先行きは厳しいと言わざるを得ないのではないだろうか。
以前、華名と奈苗のトラブルに関して「異質なもの同士の激突が熱を生む」と書いたが、これはNOAHにおいても当てはまることだ。
同質のものばかりが集まってしまっては、エントロピーが次第に低下して、いずれは「熱的死」の状況に陥るのである。
今回はそこに新たな熱を投下しようとした、試みであったように思えるのだ。
これで力皇とヨネに火がつかなければ、それこそ末期症状である。
そうでなければ、もはや彼らにはトップ戦線からお引取りいただかなければいけないだろう。

リンク: PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE [ツアー詳細][2010年3月20日][Navig.in March ’10].

|

« 03月20日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 03月27日のココロ日記(BlogPet) »

「プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101375/47863714

この記事へのトラックバック一覧です: NOAHファンとの温度差:

« 03月20日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 03月27日のココロ日記(BlogPet) »