« 12月07日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 12月14日のココロ日記(BlogPet) »

2009年12月 9日 (水)

プロレス大賞雑感

今年度のプロレス大賞が発表されましたな。

MVPに棚橋ってのは、まあ消去法の結果と言うべきか。
今年はざっと俯瞰してみても、個人的には「該当なし」もやむなしくらいの気分だったし。
正直なところを吐露すれば、中邑じゃなくて良かった。

ベストバウトは大日本の伊東VS葛西。
これは試合を見てないので何とも言えないけど、数年前から大日本の試合クオリティの高さはもっと評価されるべきだと思っていたので、納得の結果だと言えるかも。

各賞にはMVPから漏れた杉浦、真壁、飯伏とこれは納得の面々か。
インディー限定なら、飯伏は文句なしのMVPだろうと思う。

最優秀タッグは曙&浜。
元力士二人というのは、見た目のインパクトもあるし、実際会場人気はすごく高い。
アジアタッグ獲得という実績もあって、これは文句のないところだろう。

今年は久しぶりの女子プロレス大賞に、アイスリボンのさくらえみ。
選手としてはアクシデント絡みとは言えNEO二冠を獲得し、他にもJWP&デイリータッグや自らが率いるアイスリボンのベルトも保持。
特にICE60はリミット60キロの軽量級ベルトであるが故に、リミットまでの減量を公開で行うなどその実行力に頭が下がる。
団体の長としても初の後楽園大会を成功させ、更には道場兼常設会場を開くという、男子ですらなかなかできないことをやってのけた。
もちろん、多数の選手を育成した手腕も評価されるべきだし、これで大賞が獲れなかったら嘘だと思う。

一方で、今年は訃報も多かった。
特別功労賞の三沢は言うに及ばす、功労賞のテッド・タナベレフェリーなど、若くして世を去った関係者が多すぎる。
つい先日には「ジャマール」「ウマガ」として活躍した、エドワード・ファトゥの訃報もあった。
天寿を全うできないのがプロレスラーの宿命なのか、いや、そうあってはならないと思いたい。

|

« 12月07日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 12月14日のココロ日記(BlogPet) »

「プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101375/46976770

この記事へのトラックバック一覧です: プロレス大賞雑感:

« 12月07日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 12月14日のココロ日記(BlogPet) »