« 12月14日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | DDTプロレス博多2Daysその2 »

2009年12月14日 (月)

DDTプロレス博多2Daysその1

はい、そういうわけでDDTプロレスリングの博多大会、二日間を堪能してまいりました。
初日は翌日の宣伝ということで、入場無料の福岡交通センタープロレス。
リングを用いず、バスセンターの全体が戦場となる、いわゆるストリートファイト形式の試合です。
Center01

出場選手は、「業界一大人気ない大社長」高木三四郎、「ゴールデン☆スター」飯伏幸太、「CEOと書いて塩と読む(笑)」中澤マイケル、「ヤングドラマ杯覇者」石井慧介。
この四名による4WAY戦で、誰か一人がフォールまたはギブアップした時点で試合終了となるルールです。
試合はバスセンター5Fのイベントスペースで始まりました。
石井のその場にあったマッサージ台からのスイングDDTが、中澤マイケルに炸裂。
Center03

固い床の上だけに、ボディスラムの一発が強烈なダメージとなります。
Center04

壊しさえしなければ、その場にあるものを使ってよいルールなので、早速飯伏は自販機に登ってムーンサルトを敢行。
Center05

一方の大社長は、同じフロアの楽器屋に移動してアコギを凶器としてゲット。
Center06

もちろん、冷静に一番安いものを選んだのだそうで、後で代金はちゃんと支払う……らしいです。
そして戦場は上へと移動、8Fのレストラン街へ全員がなだれ込んで行きます。
Center07
Center08

そして勝負は飯伏とマイケルの間で決しました。
最後は飯伏の放った固い床でのジャーマンスープレックスにより、マイケルが3カウントを喫しています。
Center09

試合終了後、高木大社長は地元ラジオ局の生放送に出演、翌日の試合をアピールしました。
Center10

それと同時進行で、選手たちはチケットとグッズの販売とサイン会および撮影会。
最後は大社長も加わったのですが、ここで面白いファンが出現。
全日本プロレスの武藤ベアーのパーカーを着ているのに、なぜか新日本プロレスの永田選手のような敬礼ポーズ。
大社長が「普段はどこの試合を見てるんだ」と訊くと、「NOAHです」と回答……何か色々間違ってるよ。
それがあまりに面白かったので、最後はこんなポーズで写真に納まりましたとさ。
Center11

|

« 12月14日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | DDTプロレス博多2Daysその2 »

「プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101375/47024145

この記事へのトラックバック一覧です: DDTプロレス博多2Daysその1:

« 12月14日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | DDTプロレス博多2Daysその2 »