« 04月13日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 04月28日のココロ日記(BlogPet) »

2009年4月13日 (月)

チャンピオンカーニバル決勝戦

昨日決勝が行われた、全日本プロレスのチャンピオンカーニバル。
GAORAではせっかくの生中継のはずだったが、前の枠のソフトボール中継が延長してしまって、約一時間遅れのスタートとなってしまった。
試合の途中からではあったが、準決勝にどうにか間に合ってよかった。

準決勝第一試合は、元タッグパートナーとして世界タッグとアジアタッグを戴冠し、世界最強タッグも制したコジカズこと、小島聡とカズ・ハヤシの対戦。
カズは小島の重い攻撃のほとんどをかわし、最後は渾身のラリアットをも一本背負いからのトルネードクラッチで丸め込んで、決勝進出。
その勝利にまぐれ感は一切なく、観衆を納得させるものであったと思う。
その背景には、過去にGHCヘビー級の王座であった丸藤から世界ジュニアを奪還しており、そうである以上はヘビー級と互角に戦えて当たり前という意識が、本人は当然のことながら、周りにも強かったのではないだろうか。

準決勝第二試合は武藤敬司と鈴木みのるの対決。
かつては三冠を巡って対戦し、その時はみのるが王座を防衛している。
果たして今回も、互いにねちっこく相手の関節を狙いあう攻防。
みのるが武藤の膝を攻めれば、武藤はみのるが痛めている首を狙っていく展開に。
最後はドラゴンスクリューをうまくこらえたみのるが、二度目のゴッチ式パイルドライバーで武藤からピンフォールを奪った。

休憩とリーグ戦脱落組の試合を挟み、決勝戦。
普段はみのるが体格に勝る相手を技術で翻弄するのだが、今回はカズのほうが小さくスピードに勝る。
そこでみのるは効果的な打撃を織り交ぜ、カズの動きを止めてのレスリング勝負に持ち込んだ。
結果的にはみのるが四回目の挑戦で初のチャンカー制覇を成し遂げたわけだが、カズの強さも際立った一戦であった。
マイクを握ったみのるは、ミサイル問題や不景気・政治不信などの暗い世情に触れ、その上で「すごいモノ、面白いモノを見たけりゃまたここに来い、この俺が見せてやる」と宣言した。
みのる率いるGURENTAIが全日本を完全制覇するまであとわずか、次期シリーズはジュニアタッグリーグ戦である。
NOSAWA&MASADAの東京愚連隊が、カズ&近藤をはじめとする強豪チーム相手に、何を見せてくれるのだろう。

|

« 04月13日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 04月28日のココロ日記(BlogPet) »

「プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101375/44656785

この記事へのトラックバック一覧です: チャンピオンカーニバル決勝戦:

« 04月13日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 04月28日のココロ日記(BlogPet) »