« 11月18日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 11月25日のココロ日記(BlogPet) »

2008年11月21日 (金)

あの男が帰ってキタッ!

もう日付が変わってしまったので、昨日になるが、ハッスルツアー後楽園大会でのサプライズ。
スーパーHGワールドのコーナーで、長らくレスリングビジネス界から姿を消していた男が、ついに帰還を果たした。

ここでハッスルを見ていない人に説明しておくが、「スーパーHGワールド」とは、HGを主役として展開される、昭和仮面ライダーへのオマージュ満載の、リングで行われるヒーローショーである、と考えれば判りやすい。
ハッスルエイドで「モンスターK」川田利明に惨敗し、ハッスル追放を宣告されたHG。
彼はモンスター軍に捕まり、ドクター中松にモンスターへの改造手術を施されてしまうが、脳改造の直前で脱出。
改造によりハッスルできなくなってしまったが、スーパードクターKこと木下医師……つまりジャガー横田の旦那様に再改造手術を受けて、スーパーHGへパワーアップできるようになったのだ。
一方、モンスター軍はHGより採取したDNAから、クローンモンスターであるニセHG(=松田慶三)を誕生させた。
ニセHGと人狼(=GENTARO)他のモンスターが、HG・RGに空手ガールKGを加えたメンバーとの抗争を行っていた。
だが先月のハッスルGPファイナル当日、スーパーHGの肉体に異変が起き、HGは11月シリーズ欠場となる。

今日そのピンチを救うべく現れたのが、まるで仮面ライダーV3を演じた宮内洋のごとく気障で、しかしカッコ良く、且つ強い男だった。
まるでジャッカー電撃隊の行動隊長ビッグワン・番場壮吉のような白いスーツに身を包んだその男は、百の顔を持つ私立探偵というまるで怪傑ズバット・早川健のような設定。
香港でマフィアを震撼させた九龍の鬼……「九龍鬼(くーろんき)」、その名を「アラン黒木」という。
ちなみに宮内洋が演じた宇宙刑事の名はアランといったから、これはもう確信犯のネーミングだろう。

そう、ここしばらくレスリング・ビジネス界から姿を消していた黒木といえば、間違いなくあの「マグナムTOKYO」である!
陽に焼けた筋肉質の肉体と精悍な風貌は、和製バティスタを髣髴とさせる格好良さだ。

マグはドラゲ退団以後、大道塾の師範となって海外に飛んだとされていたが、最近天龍の店で酒を飲んでいるところを見たとの情報もあった。
これから年末のハッスルマニアに向けて、試合が順次組まれていくことだろう。
その後このままハッスルに定着するのか、他団体に出て行くのか、その動向を見守りたい。

|

« 11月18日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 11月25日のココロ日記(BlogPet) »

「プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101375/43178100

この記事へのトラックバック一覧です: あの男が帰ってキタッ!:

« 11月18日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 11月25日のココロ日記(BlogPet) »