« 空中元彌チョップ | トップページ | マッチメイクの妙 »

2005年12月 7日 (水)

エディ・ゲレロの追悼番組2本を見終えて

過去、これだけ大々的な追悼大会と番組を組まれたレスラーは、おそらくいなかっただろう。
また、彼がWWEのレスリング・ビジネスにおいて、いかに重要な地位を占めていたかが解る。
これまで無敗ギミックで突き進んできたミスター・ケネディに、得意のチート(イカサマ)で初めて土をつけた試合がラストマッチというのも、彼らしいと言えるだろう。
PPVサバイバー・シリーズでは、スマックダウンの副将として重要な役割を演じる予定であったのだろうから、RAW・スマックダウン双方でストーリーラインの変更を余儀なくされたのも、仕方ないことなのかもしれない。
あらためて、エディ・ゲレロの偉大さを再認識した。

|

« 空中元彌チョップ | トップページ | マッチメイクの妙 »

「プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101375/7506656

この記事へのトラックバック一覧です: エディ・ゲレロの追悼番組2本を見終えて:

« 空中元彌チョップ | トップページ | マッチメイクの妙 »