« 全日本プロレス「熊秋祭」観戦記 | トップページ | めいどカフェ キュール »

2005年9月24日 (土)

今から思うに

先日の熊秋祭、あまりにも不可解な第1試合を今思い起こすと、やはりブラザーは試合前に既に負傷していたと思われる。過去やったことのない台車に凶器満載での入場、しかも台車は会場の備品である。何事も準備周到なVMにしてはちょっと違和感がある。しかし、既にブラザーが負傷していて、台車にすがらなければ歩けなかったのだとすれば、簡単に説明がつく。
リングへ上がるだけならロープにつかまればいいし、ゴングまではコーナーに寄りかかっていればいい。ゴングと同時にVM乱入で試合は不成立、あとは杉浦をリンチ→諏訪間のアンクルホールドで負傷というアングルである。この流れを考えたのがTARUなのか、あるいは渕か武藤社長なのか、いずれにしても素晴らしい技量だ。よほどのプロレス頭の持ち主でなければ、こうまでスマートな展開は思いつかないだろう。

やはり、今の全日本プロレスは最高のアメプロ団体だと思う。特に80年代アメプロのファンなら、是非ライブで見ておくべきだ。

|

« 全日本プロレス「熊秋祭」観戦記 | トップページ | めいどカフェ キュール »

「プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101375/6091746

この記事へのトラックバック一覧です: 今から思うに:

« 全日本プロレス「熊秋祭」観戦記 | トップページ | めいどカフェ キュール »