« リアル・レッスル・エンジェルス | トップページ | レッスルエンジェルス サバイバー »

2005年8月16日 (火)

THE iDOL M@STER

そんなこんなで、遅ればせながらズッポシはまってる「アイドルマスター」であるが、やり始めるまでの敷居がちょいと高いのを越えてしまうと、もう泥沼であったり。
初回プレイに600円、以後1プレイ200円(3プレイ500円)というのはかなりの高額設定であるし、他の通信対戦ゲームのように、プレイのたびにカードがもらえるわけでもない。
でもいざやり始めたら、そんなことがどうでも良くなるくらいに面白いのである。
もうプレイ料金で3~4千円ほど、携帯連動のための機種変更に5000円あまり注ぎ込んでいるが、料金分の満足は与えられていると思えるし、決して高いとも思わない。
ここまではまったアーケードゲームは、正直もう何年もなかったと思う。
旧来型のアーケードゲームなら、人気があればやがて家庭用が出るだろうからと待っていればよかったが、こればかりはそれはありえない。
しかも、インカムが悪ければ撤去されるのが業務用ゲームの宿命だから、プレイして支えなければいけないのだ!

つらつら考えるに、自分は過去にも「ヒロインドリーム」というPS用アイドル育成ゲームにもはまっていたりするわけで、どうにもこの手のゲームには弱いようである。
よくよく思い出してみれば、大学時代にはアイドル研究会にも籍を置いていたのだし。
中山忍のデビューキャンペーンのとき、レコード店でアルバイトしていた後輩にサクラを頼まれて行って、結局顔をほころばせながら握手してもらって、一緒に写真撮ったりしてたのである。
つくづく、己の業の深さを思い起こさせられるゲームであると言えよう。
そして、明日もまたプロデュース中のあずさにメールで呼び出されるのではないか、と半ば期待する自分を再確認するのであろう。_| ̄|○|||

|

« リアル・レッスル・エンジェルス | トップページ | レッスルエンジェルス サバイバー »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101375/5488603

この記事へのトラックバック一覧です: THE iDOL M@STER:

« リアル・レッスル・エンジェルス | トップページ | レッスルエンジェルス サバイバー »