« コローケ祭、2発目 | トップページ | 台風も三個目ともなれば »

2004年9月23日 (木)

全日本プロレス「熊秋祭」

約1年ぶりのプロレス生観戦に行ってきました。
全日の生観戦は4年8ヶ月ぶりで、分裂以来初です。
今回は昨日と今日の2日間連続開催で、さすがに平日の興行は時間的に無理だったので、今日だけ行ってきたわけです。
今回はチャリティーオークションがあったり、小学生以下入場無料だったりと、集客に工夫を凝らしていたのが印象的でした。
ちなみに、オークションで
「昔('80~'91)のパンフレット8冊セット・和田京平レフェリーのサイン入り」
を2500円で落札してきました。
結構いいお宝だと思うんですが、いかがなもんでしょ?

さて、熊本は土地柄もあって、非常に客がヒートしにくいんですが、その分わかりやすいマッチメークを心掛けて、初見のお客にも楽しみやすいよう、努力の後が伺えました。
特に休憩開けの東京愚連隊(NOSAWA&MAZADA)VS本間朋晃&カズ・ハヤシの一戦は、土曜日の世界ジュニア戦の前哨戦ということもあり、よくお客を沸かせていました。
やっぱり、東京愚連隊のコミカルなルード(悪役)ぶりは、地方では大きな武器ですね。

また、この2日間の目玉企画として、タッグトーナメントが行われています。
昨日が1回戦で、今日準決勝と決勝が行われたわけです。
結果としては、これから石狩太一選手を売り出していきたいという意向は、非常に良くわかりました。

で、今回のツッコミどころ。
マイクがハウリング起こしたり、入場曲がちょいちょい途切れたりと、音響が非常に悪かったですね。
チャリティーオークションのとき、木原リングアナが「そこ、ちゃんと仕事しろ!」と切れてました。
それから最後に平井伸和選手、
入場テーマに「超兄貴」の「セクシー・ダイナマイト」
を使うのは、さすがにどうかと思います。


いや、自分も学生プロレス時代に一度使おうかと思ったことはありますが(ぉぃ

|

« コローケ祭、2発目 | トップページ | 台風も三個目ともなれば »

「ぱりりん☆彡の雑記帖」カテゴリの記事

「プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101375/6673377

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本プロレス「熊秋祭」:

« コローケ祭、2発目 | トップページ | 台風も三個目ともなれば »